〒085-0046 北海道釧路市新橋大通3丁目1番8号

ご予約・お問い合わせは0120-24-2240
(繋がらない場合 tel.0154-24-2240)

月・水・金
9:00~12:30/14:00~19:00
火・木
9:00~12:30/14:00~17:30
9:00~12:30/14:00~16:00

休診日:日・祝(診療カレンダーをご覧下さい)

歯周病|よしもと歯科・矯正|新橋大通沿いの歯医者

歯周病とは

歯周病とは

歯周病とは、口の中の細菌が引き起こす感染症で、歯を支える周りの組織に起こる病気です。

『歯槽膿漏』とも呼ばれ、歯を失う原因の第1位となっています。

当院でも抜歯の半分は歯周病です。

歯周病のリスク要因の一つは加齢によるもので、40歳以上の人の8割の人に歯肉炎.歯周病の症状があり、個人差が大きいのが特徴です。

早期に発見することが大切です

症状としては?

  • 出血する
  • 口の中がネバネバして口臭がある。
  • 歯が揺れている など

歯周病の原因は?

歯周病の原因は、口腔内細菌の中で10~20種類の細菌が原因です。

歯をキレイに磨かずに放置しておくと歯垢や歯石がたまり、この中の細菌が原因となって歯周病は起こります。

初期段階では炎症は歯茎の表面に留まり、炎症が進行すると歯を支える組織が徐々に破壊されます。いずれにしても、自覚症状が少なく、知らず知らずのうちに進行していきます。

歯周病

歯周病の悪化状況

軽度歯周炎
軽度歯周炎歯ぐきに慢性の炎症が起こつている状態です。歯磨きをすると出血することがあります。
中度歯周炎
中度歯周炎歯ぐきの炎症が進み、歯ぐきと歯の間の溝(ポケット)が大きくなります。歯や歯の根には、歯垢や歯石が付着し、歯茎の腫れ・出血・膿が出る事もあります。
重度歯周炎
重度歯周炎歯や根っこには多量の歯垢や歯石が付着し、歯周組織の破壊がかなり進みます。歯がぐらぐらするようになり、硬いものが噛めないようになってきます。膿が出て口臭がひどくなります。
最重度歯周炎
最重度歯周炎歯槽骨はほとんどなく、歯の根が露出してきます。最後には抜けてしまいます。

歯周病が全身に及ぼす影響

歯周病はお口の中だけではなく、歯周病菌が肺や血液に入ることによって、全身に様々な影響を及ぼすことが分かってきました。

歯周病と全身疾患
糖尿病
歯周病が悪化すると、歯周病が原因で生み出される炎症性物質がインスリンの作用を阻害します。インスリンの作用を阻害すると糖尿病は悪化していきます。 反対に歯周病を治療すると、インスリン抵抗性が改善し糖尿病が改善する場合があります。
誤嚥性肺炎
食べ物が誤って肺へ入ってしまった場合、食べ物と一緒に口の中の細菌が肺に入ってしまうことがあります。 この細菌が原因で肺炎を引き起こすことを誤嚥性肺炎と言い、誤嚥性肺炎の原因となる細菌の多くは歯周病菌です。
動脈硬化
歯周病菌が原因で血管壁が炎症を起こし、動脈硬化を促進する可能性があります。
心筋梗塞
動脈硬化により血液中に血栓ができやすくなり、血栓が動脈を塞いでしまうと心筋梗塞を引き起こします。
早産・低体重児出産
妊娠中は女性ホルモンの影響で歯肉炎を引き起こしやすく、歯周病が悪化しやすくなります。 歯周病菌が胎盤を刺激し、胎児が充分に育っていない状態にもかかわらず子宮収縮を引き起こし、早産になってしまうことがあります。

歯周病の治療法は?

歯周病は軽度(歯周ポケットが4mm程度)であれば治療でよくなります。 中程度(歯周ポケットが4~6mm)程度では歯周組織を取り除くことによって症状を改善し、歯を失う事を防ぐ事が出来ます。

歯周病治療の症例

治療後
治療後
治療後
治療後

再発防止のために

予防と再発防止の鉄則は、正しいブラッシングで歯垢を取り除く事と、定期的にメインテナンスを受ける事です。

最近は定期検診を受けに来られる患者様も多くなり、以前に比べ歯の残存率は高くなり、総義歯は極端に少なくなってきています。

PMTCについて詳しく見る